男性の中には早漏の人もいて、性行為時においてわずか1分程度で射精をしてしまうことがあります。
このような早漏の状態は、射精管理を自分の体ができていないことが原因になっていると考えられます。
また、早漏は一時的な症状問よりは、どちらかというと慢性的になるケースが多いため、何らかの対策を必要とすることが多いです。
慢性的な早漏を改善していくためにはいくつか方法がありますが、中でも薬を服用することによって、早漏の症状を改善することが可能です。
慢性的な早漏を改善する薬についてもいくつか種類がありますが、抗うつ薬が効果的であるということがわかっています。
抗うつ薬の中では、特にダポキセチンと呼ばれる成分が含まれる抗うつ薬がしばしば早漏の改善に服用されることが多いです。
なぜ、うつ病の改善成分であるダポキセチンが早漏の改善に効果的であるのかというと、脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質が関係している考えられています。
早漏の人は、通常の人の脳よりも興奮状態が優位になるという特徴があります。
ですから、通常の人よりも射精も早く、射精管理ができません。
そこで、神経伝達物質であるセロトニンを増やしてあげることによって、脳内の興奮状態を抑えることができるようになります。
脳内の興奮状態が抑えられることによって、性行為でも降順状態がすぐに高まることはなく、射精管理が正常化し、早漏改善に効果があるということになります。
ダポキセチンのような薬については、通常は精神科のような場所で処方されるので、一般のドラッグストアなどで購入することができません。
ですから、ネット通販で自己判断で購入するか、信頼のおける医療機関でダポキセチンを処方してもらうことになります。